本文へ移動

スタッフブログ

ここでは、各事業所内での出来事や、ブログ担当者のちょっとした日常について更新していきます。頑張って更新していきますので、たまに覗いてくださいね。

スタッフブログ担当者紹介

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

理念研修

2018-12-10
 
4児の母です(^-^)
 
週末の大雪にガッカリし
除雪でグッタリでしたネェ➰( ´△`)
1日で
まさかあんなに積もるとは…
やれやれ┐('~`;)┌
苦労した皆様、
お疲れ様でした(u_u*)
 
さて
本日行われた理念研修、
以前も1度受けた研修でしたが、
グレードアップした(?)感があった
4児の母です。
 
なので、
ぅん・ぅん・なるほど~( ・∇・)と
自身を振り返る良い研修となりました。
研修の都度、
例えがあるので納得でき
こーゅー時はこうすれば良いんだぁ~等と
とても勉強になります(^-^)
 
少しずつでも
スキルアップできていれば良いなと思う
4児の母なのでした(*^^*)
 

初雪ですね

2018-12-08
「スタジオの加藤さん、事件です!
 初雪ショック!なずなクライシス!!」
リポーターの阿部・・・
・・・法人担当くれないです。
 
 さてさて、とうとう降りました。
冬ですね~。
 
予報通りでしたが、いきなりの雪に、
お庭のゴリちゃんは雪化粧です。
なずなの駐車場は融雪装置全開で、
人力で除雪も行って、この仕上がり!
 
冬は始まったばかりというのに、
もう春が待ち遠しい今日この頃です。

パフェ

2018-12-06
GHなでしこブログ担当のコテツです。
一心不乱にパフェを喰らっております。
酒を嗜まない私にとって、スイーツは車と同じくらいの楽しみなのです。
 
こんな私のことを「女子力高いわワロタ」だとか「洗濯して朝ごはん作って午後はパフェとかOLか」などとLINEのチャット上で中傷する声もありましたが
まったく…笑。見当違いも甚だしいですね。
私がOLなら、彼らはただの呑んだくれでしょう。
彼ら、とは車の仲間ですが。
 
介護福祉士の試験が近づいていますね。
体調に気をつけていきたいところです。

師走

2018-12-03
 
4児の母です(^-^)
 
今年も残り1ヶ月をきりました突風突風
師走ですネェー…
1年があっという間汗
 
 
我が家は
相変わらず忙しい週末でした(^^;
剣道1年生大会からの3年生を送る会に、
昨日は中学校の親子行事がありました。
 
足を負傷し
整形外科に通っている次女ですが、
大会前の通院時に
大会にどうしても出たいから
痛み止めの内服薬が欲しいと
直談判し、試合に出場。
黙っていられない次女です(^^;
 
決勝で延長戦の末
負けてしまいましたが、
痛みがある中で頑張った次女2(メダル)
3年生を送る会では
母達は夕飯作りスプーンとフォークとナイフ
子供達は先輩との試合や
3年生の親子対決戦を
楽しんでました(^-^)
 
中学校の親子行事では
インターネットの脅威という講話を聞き、
クラス対抗の
フリースロー・玉入れを楽しみました。
 
 
毎日多忙な日々ですが、
最近では時間があると
家族でUNOを楽しんでいる
我が家です(*^^*)
 
 
 
 

普通救命講習に参加!

2018-11-29
人工呼吸。
遠い昔、思春期の頃の私は、この響きにめくるめく妄想をしたものです。
当時は「男の子」でしたから・・・。 法人担当くれないです。
 
さてさて、先日、鶴岡市消防本部で行われた「普通救命講習」に行ってきました。
人工呼吸のお相手は、心肺蘇生法練習用人形「ダミー君」。女の子ですらない。
 
中々に貴重な体験でした。
いざという時に救命作業を「完璧」に行えるかというと難しいですが、
心肺蘇生法を「理解している」ということはとても大事なことです。
AEDの実習もありました。ダミー君との人工呼吸も・・・
 
救命講習は1度だけではなく、定期的に受講することも重要だと感じました。
救命の方法や手順は、5年ごとに見直すそうです。
今は2015年式。2020年に見直しするそうです。
 
以前の方法が「間違っている」というわけではありませんが、より良い方法で救命作業を行いたいと思います。また、とにかく消防(119)に連絡すれば、鶴岡消防本部のオペレーターが救命の手順を教えてくれるそうです。
 
「あわてず、助けを呼び、素早く救命作業を開始し、救急車が来るまで作業を続ける」
講習を受けた私は、いざという時に行動できるようになりたいと思いました。

▼お気軽にお問い合わせください

ぷらすはーと株式会社
〒997-0811
山形県鶴岡市神明町15-15
TEL:0235-64-1305
FAX:0235-64-1304
------------------------------
1.認知症高齢者グループホーム
2.共用型通所介護
3.小規模多機能型居宅介護
4.サービス付き高齢者向け住宅
------------------------------
TOPへ戻る