本文へ移動

+はーと回覧板

+はーと回覧板って?

「ぷらすはーと」では、様々なことにチャレンジしています。
ご利用者が、「のんびり ゆたかに ゆったりと」過ごせる環境づくりのため、
ご家族、地域の方々との関わりにより、ともに発展していくため、
スタッフが、快適に仕事に取り組める職場づくりのため、
「ぷらすはーと」の取り組みについてその一部を紹介するブログです。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

昨日は七草

2019-01-08
うわさの・・・町湯中辛ポークカレー
おせちに飽きたら・・・カレー
 昨日は、七草でした。
 事業所の名前に春・秋の七草を使用していますし、なにせ「なな草」とそのものズバリ!なわけで…。
 7日のお昼ごはんには、なな草粥が献立として登場しました。また、あるユニットでは、鏡開きをおこない、さっそく「おしるこ」がおやつで提供されていました。
 食を通して季節を感じることってほんと大切ですよね!特に、寒いこの季節。昔は、塩蔵野菜…要は漬物で、厳冬期を乗り切ったとよく言われます。山形や秋田、長野あたりがそれぞれ「名物」の漬物があるのもうなづける…。
 
 
 
 といいつつ、本題とそれますが…
 なぜか正月明けに食べたいのがカレーライス。
 日帰り温泉言って、その食堂で「パクリ!」。サウナでしっかり絞ったはずなのに、結局「肉」補充してしまった。

うちのおせち料理は…

2019-01-01
注目
うちの鏡餅 三重ね鏡餅、御金餅(小判鏡餅)、松飾り
 あけましておめでとうございます。
 2019年も例年通りというか、まずは穏やかなお正月です。
  私のうちは元は農家でしたので、昔ながらの質素なおせち料理で正月を過ごします。元旦の朝は「男子」が餅を焼き、ずいき・こんにゃく、うす揚げのお雑煮を食する。元旦の夜は、その年初めて米飯を食する「飯の食い初め」。メニューは、新米、塩引き鮭、豆腐とごぼう・にんじんのけんちん、納豆汁、氷頭と干し柿のなます、それにたくあん漬け。
 派手さはありませんし、子どもの頃はちょっと苦手な献立でしたが、いまは「これ」がないと正月が物足りなく感じがします。

認知症キャラバン・メイトぞくぞく誕生してます

2018-12-14
オススメ
新旧オレンジリング
 今年も新たに5名の認知症キャラバン・メイトが誕生しました。
 「認知症キャラバンメイト」とは…
 平成17年度より事業化され、みんなで認知症の方とその家族を支え、誰もが暮らしやすい地域をつくっていく運動です。そのなかで、認知症を理解しその方々を支えていく人(認知症サポーター)を一人でも増やしていこうとする際の講師役となる人のことです。
 
 現在、ぷらすはーとでは15名の認知症キャラバン・メイト在籍しております。今年度は既に数回の認知症サポーター養成講座を開催し、その役割を果たしております。
 
 町内会や各企業様でも、正しい認知症の理解と対応を学ぶ機会として、研修等のご用命があればぜひお声掛け下さい!

一年の収穫に感謝する

2018-11-23
注目
色づく秋も、もうすぐモノクロの世界に・・・
日々の感謝を忘れず・・・
 今日は「勤労感謝の日」です。祝日ですが、本日も仕事の方もたくさんいると思います。がんばっている方々に対して、「感謝」を捧げたいと思います。
 また、ここ庄内地方の農家の方馴染み深い…「田の神上げ」の日でもありますね。一年間田畑を守っていただいた神様に感謝する行事といわれています。今年は、自然災害多かったので、本当に「田の神」に感謝し、一年の農作物の収穫に感謝したいと思います。ちなみに、我が家では、今日が「新米」の解禁日!夕飯が本当に楽しみです!
 なずなでは、日課として「神棚拝み」を取り入れております。毎日がつつがなく、健やかに暮らせることを、ご利用者もスタッフも神前で手を合わせ、感謝を表しております。豊かな自然のものを頂き「生かされている」ことを振り返る…勤労感謝の日に合わせて、ちょっとだけ考えてみていかがですか?
 

桃栗三年、柿八年・・・そんな柿と記憶のお話

2018-11-13
オススメ
手続き記憶に訴える
干し柿作り・・・もうすぐ食べられるかな?
左から「大和柿」「庄内柿」「伝九郎柿」
 お菓子なんて豊富にない時代に、庭先に結実する柿やらいちじくやらで「甘み」を感じていたんだなと、ふとッ思いました。
 
 さて、今日はそんな「柿」と「記憶」のおはなしを…!
 ここ庄内でも「柿」と一言にいっても、いろんな品種の柿が栽培されています。私の自宅にも、王道の「庄内柿」、富有柿、大和柿、伝九郎柿やらがあります。(手入れしてないのでなかなか…多くは収穫できませんが(笑))柿を食べるのには…甘柿は別として「渋抜き」というひと手間が必要ですね。最近は、脱渋済で販売されていることも多いですが…。
 
 スタッフブログでも、なずなの「干し柿作り」の様子をお伝えしていますが、ご利用者のみなさんの中には、「柿」に対する「記憶」が豊富なんだなぁ~と本当に感心しています。
 干し柿作りでのみなさんの手際のよさ…「手続き記憶」、柿を食べたときの思い出…「自伝的記憶」、この柿は甘柿だよねぇ~という柿の形や色などからよみがえる「意味記憶」などなど。
 
 認知症のケアでは、その「記憶」に働きかえることが非常に重要と言われています。「柿」ひとつでも、その「記憶」がよみがえること、ぷらすはーとの「ハートリハビリ=認知症進行軽減し、その人らしい生活の実践」に繋げています。
 
ぷらすはーと株式会社
〒997-0811
山形県鶴岡市神明町15-15
TEL:0235-64-1305
FAX:0235-64-1304
------------------------------
1.認知症高齢者グループホーム
2.共用型通所介護
3.小規模多機能型居宅介護
4.サービス付き高齢者向け住宅
------------------------------
TOPへ戻る